中学校での学年順位が最下位の子供が、塾に行かせなくても3ヶ月で授業についていけるようになり、
半年で平均点をとれるようになる
そういわれて、信じることができますか?

家ではまったく勉強せず、テストの点数はひどいときには一桁、という子供も、
ちゃんと家で勉強するようになる

そういわれて、信じることができますか?

 

 

少しでも『信じてみよう』と思うのなら、しばらくお付き合いください。

 

絶対無理!と思うのなら、このままこのページを閉じてください。

 

 

「うちの子の学校での成績は常に上位」という方も、ご遠慮ください。

まったく役に立たないわけではありませんが、あまり効果を感じられないかもしれません。

 

 

 

 

やる気★スタディ

 

はじめまして。高沢光世と申します。

個別指導の塾で講師をしています。

主に中学生と、幾人かの小学生を教えています。

一応はプロとして、子供たちをえらそうに(^^;)指導しています。

 

昨年の暮れのことでした。結婚して県外へ行った友人から電話で相談を受けました。

友人: 小学校6年生の息子がさあ。全然勉強しないんだけど、大丈夫かなあ?
私: 勉強しないって・・・学校の成績は?
友人: それがね。・・・ぶっちゃけ下から数えた方が早い。通知表は体育と図工だけよくて後は全滅。
テストも、算数なんか、10点とかとってくるんだけど。
私: おーい!全然大丈夫じゃないじゃん・・・。6年生でしょ?
小学校の算数できないと、中学校の数学できないよ?
友人: だよねえ。中学校だと定期テストあるし、順位出されるよねえ?
私: 順位はまあ、学校によっては出さないとこもあるけど。
友人: え?そうなの?私たち出されたじゃん。
私: うん。私たちが行ったとこは今でも順位出してるけど、隣の市の学校とか、出してないとこあるよ。
でも出してる学校の方が、全体に優秀な感じ。競争意識あるし。
友人: あーそうなんだー。こっちの学校どうなんだろう・・・。
私: それはわかんないけど・・・でも、小学校の勉強はできてないとヤバイよ。
友人: やっぱり?塾行かせた方がいいかなあ?
英語もさ、親の私がしゃべれないから、息子に聞かれてもわからないだろうし。
私: いや、塾より先にすることあるでしょ。
英語だって中学校の英語は英会話じゃないんだから、しゃべれなくてもできるよ。
友人: すること?もう光世、家に来て息子に勉強教えてよ!
私: 行くのにどんだけ時間かかると思ってんの!その分の時給と交通費くれるなら行くけど(笑)。
友人: そのお金あるならさっさと塾に入れてるって!(笑)
私: 確かに!(笑)

 

とまあ、その時は冗談で話が終わったのですが、その後、その「塾より先ににすること」を書き出して、メールで送りつけてやりました。

 

そして今年のはじめ。またまた電話での会話です。

私: どうよ、息子は?がんばって勉強してる?
友人: 息子以上に私ががんばってるよ!(笑)
私: おお。良いことだ(笑)。で、息子はどうよ?
友人: まあ、やってるよ。今分数の勉強してる。
私: 分数って・・・足し算引き算?通分?
友人: うん、そう。こないだまで通分さえできなくて、普通に足し算引き算だったけど、そこはこえた。
私: ふーん。いい感じじゃん。塾の生徒で通分できない子の多いこと!それ考えたらアンタんとこの子は十分できる!
友人: えー?それは褒めてるの??もうすぐ卒業なのにまだまだだと思うんだけど!
私: うん、まあ、先を考えたらまだまだだけど。でも前ほど勉強いやがらなくなったんじゃない?
友人: まあねえ。でも私がストレスたまるよー。もっとできるでしょ!?って思っちゃう。
私: そう?以前テストの結果や通知表見た時より頭にくる?
友人: あー。それは確かに、マシになったかな・・・。
前はテストの点みて、「だからちゃんと勉強しなさいって言ってるでしょ!?」って怒っても全然やろうとしなくて、それでよけいに頭にきてたけど。今はやってて、「ちょっと!その問題の解き方は・・・!!」って感じの怒り方だな。
私: なに。子供に対して怒ってるの?
友人: や、怒ってないよ。だからストレスたまるんだけど。
私: ふーん、なら良いけど。あの方法でやろうとしない時には叱っても良いけど、やってるんだったら「できない」って理由で怒っちゃだめだよ?
友人: うん、わかってる。今学校でやってるとことは違うから、テストの点はかわってないけど、学校の先生にはこないだ褒められた、って言ってた。
私: やったじゃん。その調子でやってけば、しばらく塾なんて行かせなくて良いよ。
友人: ちょっとちょっと、塾の先生が何言ってんの!(笑)
私: いやだって。塾の先生しててずっと思ってることだもん。

 

とまあ、こんな具合に話しは弾んだんですが。ここで、私がずっと思っていること。

それは

塾になんて通わせなくても、子供の成績は上がる!

ということ。


おいおい、塾の講師が何言ってんだ、と思われるかもしれませんね。

実際、友人にも言われましたけれど。でも、本当に思ってしまったのだから仕方ありません。

  

ぶっちゃけた話、個別指導の塾というのは、特に中学生の場合は、講義形式で授業をしていく塾ではついていけない、あるいはまともに授業を聞くことさえできない、そんな生徒が入塾してくるところです。

どんな塾に入れても効果がなくて、困った親が頼みにくることが多いところです。

 

もちろん最初から、子供にあわせた教育をさせてやりたい、と考えて入塾をしてくれる保護者の方もたくさんいます。

特に小学生の生徒の場合はそうですね。

 

けれど、中学生、それも夏休みから、とか2年生から、という生徒の場合は、非常に成績の悪い子供の場合が多々あります。

実際に私の生徒にも、中学1年生にして5教科の平均点が15点、という子供がいます。

 

小学校まではテストといっても大掛かりなものではありません。

しかし中学校になると、学期ごとに中間・期末とおこなわれ、学校によっては学年順位もだされます。

当然、平均点が15点では、順位は下から数えるほうが圧倒的に早くなります。

親はあわてて、塾に入れます。

 

が、塾に入れたからといって、目に見えて成績がよくなるか、というと、そうでもないのです。

プロの目からみて、絶対的に言えること。それは。

 

 

 

勉強ができない子供には、●●がない!ということ。

 

 

 

保護者であるあなたは、塾に入れる前に、まず、お子さんに●●を作ってやるべきです。

 

逆に言えば、●●を作ってやりさえすれば、

わざわざ高いお金を払って塾に入れてやる必要などありません。

学校の授業をちゃんと聞き、自分から勉強するようになります。

 

ではその●●を作ってやるにはどうしたら良いのか。

それを、この「やる気★スタディ」では説明しています。

 

私がこの「やる気★スタディ」を作ったきっかけは、1月も半ばを過ぎた頃の、やはり前述の友人との電話でした。

友人: あの「塾より先にするべきこと」さ、息子の同級生のお母さん・・・まあ友達なんだけど、詳しく教えちゃっていい?
私: そりゃ良いけど・・・。なに、わざわざ。
友人: なんか息子がね、冬休みにその友達の家に遊びに行った時に、「勉強する時間だから帰る」って言って帰ってきたらしいのね。
私: へえ。すっごい進歩じゃん。
友人: うん、それは良いんだけど。それを聞いて、その子のお母さんがさ、電話してきて。
私: うんうん。
友人: どんな魔法つかったの!?って。
私: なんじゃそりゃ(笑)。魔法じゃないし(笑)。
友人: まあねえ。私ができてるんだし。
でも、 こうやってるだけですよー、って教えてあげたんだけど、なんか、信じてくれないと言うか、自分じゃ無理!って思い込んでるっていうか。
私: なるほどねえ。簡単なんだけどねえ。
友人: そうなんだけど。でもほら、なんだかんだメールで、しなきゃいけないこととか、しちゃいけないこととか、教えてもらったでしょ?
私: そうだっけ?
友人: そうだよ。結構あるよ。
私: いいじゃん、それ書き出してあげれば。
友人: うん、そうなんだけど、面倒くさくてさ。今までのメールプリントアウトしてあげて良い?
私: 面倒くさがらないでよ。・・・ってちょっと待て!メールって、馬鹿なこととかいっぱい書いてるあんじゃないの?
友人: あるよ。だからわざわざ確認とってるんじゃん。
私: わざわざはそこにつながるのか!やめて!どんなに偉そうなこと書いてても、あのメール読まれたら信じてもらえない気がする!
友人: じゃあ、いままでの全部まとめてよ。
私: アンタがやればいいじゃない!
友人: いやいや、そこはほら、光世さんの提言してることですし。光世さんに書いてもらうのが一番良いかと。
私: こんな時だけさん付けしやがって・・・!

 

と、友人との間の会話ですので、言葉遣いが悪いところもありますが、あえてそのまま書かせていただきましたが。

仕方ないのでまずは箇条書きにしてみて、でも全く知らない人相手なんだよな〜と思ってマニュアルとしてまとめてみました。

 

今思えば、まだまだ足りないことがいっぱいあったマニュアルですが、それを友人経由で渡した相手の方からのメールを読んでください。


こんにちは。先日、■■さん(友人)に高沢さんのマニュアルを教えていただいた、A.Mです。

実ははじめてこのマニュアルの存在を知った時は

はっきり言って、信じていませんでした。

どんなに「勉強しなさい」といっても絶対に勉強しなかった子供が、塾にも行かせないでちゃんと勉強できるようになるなんて、絶対無理!って思ってたんです。

だけど高沢さんから教えてもらった方法でとりあえず1ヶ月間、やってみました。

そうしたら、 まず、息子が自分から勉強するようになりました

学校のテストの点も、本当に徐々に、ではありますが、ちゃんとあがってきています。

はじめにマニュアルを読んだ時も、実はまだ、半信半疑でした(^^;)。

書いてあることは確かに簡単なことでしたが、本当に子供がやってくれる気になるのか、それと自分が続けられるのか、それが気がかりだったのです。

でも実際にやってみたら、 息子はちゃんとやる気になってくれましたし、子供のがんばりを見て、私も続けることができています。

これからもこのまま、子供と一緒にがんばっていきます。

また、メールします。まずはお礼と報告まで。

埼玉県 A.M様

初めてこのメールを読んだときは、うれしくてうれしくて、涙が出そうでした。

まずは、会ったこともない子ですが、この息子さんががんばる気持ちになってくれたこと。

それから、お母さんがそれを本当に喜んでいることと、自分もがんばる気持ちになってくれていること。

自分が思ってることは間違っていない、とホッとした気持ちもありますが、それ以上に、この親子が一緒にがんばってくれることが、とてもうれしいのです。

実際に私が教えた生徒ではありませんが、このお子さんの成績はこれからどんどんとよくなっていくと、確信しています。

塾に来る生徒たちのほとんどは、友人の子供、あるいはそのお友達のように、自分からは勉強をしない子供たちばかりです。

それでも勉強を教えている間に、やる気を出す子、いつまで経っても出さない子、逆にどんどんやる気をなくす子、と別れていきます。

その違いは何かといったら、とても簡単なことなのです。


講師が記入し、生徒に持たせている連絡ファイルを、親が見ているかどうか。

それを見て、親に何を言われたか。


それだけで、子供のやる気はまったく変わってきます。




子供のやる気は親次第なのです!


あなたは子供にやる気を出させていますか?

 

やる気がなければ、●●を持つこともできません。

友人と、そのお友達は、まず、子供にやる気を持たせることができたのです。


それから私は、足りないと思えることをどんどん継ぎ足して、この「やる気★スタディ」を完成させました。

塾に行っていない、でも勉強ができない、と親に叱られている子供が少しでも減るように、多くの人に知ってもらいたいと思ってつくりました。

今の時点で、私がこうすれば良い、と思うことをすべて書いてあります。


はっきり言って、塾で教えている時間以上の時間をかけました(^^;)。全部で70ページ強です。

作ったからには見てもらいたい。でも、自分の労力と知識分の見返りは欲しい。

 

ということで。

やる気★スタディ



税込 25,200円

にしようかと思ったんです。

私が教えている塾での、週2回来ている中学生の月の授業料とほぼ同じです。

 

でも、昨今の不景気で、塾を辞めてしまう子供たちがふえ、私も考えを改めました。

税込 12,600円

で、販売します。


ダウンロード版・76ページ


※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。
※決済は株式会社インフォトップに委託しています。

 

何度も言いますが、子供はいきなり塾に入れても、すぐには結果を出せません。

それは●●がないからです。

 

ところでこの●●とは何か?とお思いでしょうね。

意味深に伏字にしてきましたが、これはこの「やる気★スタディ」の最終目的でもあるので、ここでは敢えて伏せさせてもらいます。

 

ですが、

 

お金を払って買うもの

ではありません。

 

のこぎりや、トンカチや、はさみやのり等、
物を作る道具を使ってつくるもの

でもありません。

 

パソコンでプログラムしてつくるもの

でもありません。

 

あなたがひとりでつくるものでも、お子さんがひとりでつくるもの

でもありません。

 

 

そして、

とてもかんたんにできるもの

ではありません。

 

といっても

つくるのがすごくむずかしいもの

でもありません。

 

 

 

必要なのは、あなたと、お子さんの『●●を作ろう』という気持ちと

それを作るための、ほんの少しの道具を買うためのお金です。

 

それでも、塾に行かせるよりずっと安い金額で

塾よりも早く、成績はよくなります。

 

 

今、中学生の塾にかかる金額を調べてみると・・・


■個別塾(完全1対1)
・・・20,000円〜40,000円 (週1回 1教科指導)

■進学塾(大手)
・・・30,000円〜40,000円 (週3回 3教科指導)

■家庭教師派遣センター
・・・30,000円〜40,000円 (週1回 1教科指導)

■個人契約の家庭教師
・・・10,000円〜30,000円程度 (週1回 1教科指導)

■近所の補習塾
・・・15,000円前後 (週2回 2教科指導)

結構してますよね・・・。

もちろん受講する内容によってかわりますし、探せばもっと安いところもあると思います。

でもこれが毎月毎月・・・。

いくらかわいい子供のためと言っても、家計にとってはかなりきついのではないでしょうか??

 

ちなみに、通信講座の場合は

■進研ゼミ
・・・毎月5,000円前後

■パワーアップゼミ
・・・毎月3,600円〜16,000円程度

■Z会
・・・毎月4,900円〜16,000円程度

となっています。

まあ、これくらいなら・・・と思う方も多いと思います。

ちゃんとやってくれるなら。

 

そう、問題はお子さんが、ちゃんと、やってくれるかどうか、です。

どんなに高いテキストを渡しても、本人がやってくれなければ意味がありません。

そして、ちゃんとやるかどうかは「●●があるか」に関わっているのです。

 

この「やる気★スタディ」は、●●をお子さんが持てるようになるために、あなたが何をすれば良いのかを、丁寧に説明しています。

勉強内容に関しての、テキスト、問題集ではありません。

あなたが、あなたのお子さんと一緒に、お子さんに●●を作ってあげるための方法が書かれたマニュアルです。

読むのも、実践するのも、あなたです。

 

 

無期限・無制限メールサポート

 

けれどもちろん、「やる気★スタディ」を読んだだけで「あとはがんばれ」と言う気もありません。

購入いただいた方には、無期限・無制限で、サポートいたします。

 

こういう、情報商材では○○日間無料サポートなど、期限を区切ってのサポートを保証していることが多いのですが、

教育に期限はありません。

なので私は、無期限で、そして回数も無制限でメールサポートしたします。

購入後1年経っていてもかまいません。何回目でもかまいません。「こういうときはどうすれば??」という疑問が起きたら、すぐにメールをください。

また、ある程度の方が購入してくださった後には、メールマガジンの発行も考えています。

よくある質問にお答えするだけでなく、多くの保護者の方との交流の場にもできたらいいなあ、と考えています。

 

お子さんの為に、どれだけのことができるのか、それを一緒に考えていきましょう!

 

高沢光世

税込 12,600円


ダウンロード版・76ページ


※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。
※決済は株式会社インフォトップに委託しています。

他にも感想を頂きました。ありがとうございます!

高沢さん、こんばんは!

今日は、質問ではなく、報告です。


子供が、大っ嫌いだった数学のテストで63点をとってきたんです!

塾の先生の高沢さんからしたら、63点くらいで・・・と思われるかもしれませんが、今までずっと20点台だった子にしては、本当に驚くほどの進歩なんです。

その結果を私にみせた時の子供の顔は、うれしそうで、自慢気で、照れくさそうで、忘れられない表情になりました。

一緒にがんばったこの2ヶ月が、一気に報われた気分でした。

うれしくて、この喜びは是非高沢さんにも知ってもらおう、と思ってこのメールを書いています。


初めて高沢さんの「やる気★スタディ」を読んだとき、私は本当に反省しました。

いつも口では「勉強しろ」と言うだけで、学校のこと、勉強のこと、すべて妻任せにしてきたんです。

子供の世話は母親の仕事だろ、って思っていました。


実はこの「やる気★スタディ」も、妻にやらせるつもりで頂きました。

実際に高沢さんも、世のお母さん向けに書かれたと思います。でも、別に父親がやっても良いじゃないか、ということに気づいたんです。


書いてあることは簡単なことばかりだし、確かに仕事で疲れているけれど、子供のためにがんばる時間くらい、とれるじゃないか、と思って。


実行し始めて以来、子供とは今まで以上に話すようになりました。

高沢さんの「やる気★スタディ」の最後に「学校の成績以外に大切なものを得ることができる」とありましたが、本当にそのとおりだと思います。ありがとうございます。


また、つまずいたら質問メールを送ります。その時はよろしくお願いします。

埼玉県 T.I様


はじめまして。

先日この「やる気★スタディ」の存在を知り、購入しました。


受験は大丈夫かという心配以前に、まったく勉強しない中学2年生の娘が、自分から勉強するようになるのなら、と思ったのです。


読んでみて最初は・・・すみません。「私にはできないかもしれない」という心配が起こりました。


現在娘は中学2年生、はっきり言って反抗期の真っ最中です。

恥ずかしながら、ちょっと気に入らないことがあると私に対しても平気で「ババア」と呼びかけます。

そんな娘が本当に私と一緒にやってくれる気になるのかどうか・・・・それが心配でした。


でもせっかくお金を出して買ったんだし、まずは話してみないと始まらない!と思って、話をしました。


はじめは「はあ??何言ってんの?」とつぶやいていた娘でしたが、一生懸命話をしたら「じゃあ、やってみる」と言ってくれたんです!

ここまでで1時間以上の時間がかかりましたが、「じゃあ明日から」という私の言葉にも頷いてくれました。


反抗期だからという理由で、まともに話すことをしなかった自分を反省しました。


やる気★スタディ」にあったように、子供はちゃんと、親のことを見てくれているんですね。(本当に好かれているかは少し自信がありませんが(^^;))


以前何かで読んだ『子供は鏡だ』という言葉を思い出しました。

そのときは「自分のすることが全部子供にうつるから変なことをしちゃいけない」だと思ったんですが、もしかしたら子供に対するときのこともさすのかもしれませんね。

こちらが強く当たれば、向こうからも強い反発が来る。こちらがそっとさわれば、向こうからもすっとした感触が返ってくるのではないかな、と思ったんです。


まだ、始めて3日です。当然結果は出ていません。

でも私はあの日に思った「強く当たれば反発も強い」を心に刻んで、毎日娘と向き合っています。


娘と話すきっかけを与えてくれた高沢さんに感謝します。ありがとうございました。


長野県 S.H様

ただの、お父さん、お母さんにできることです。あなたにも、できます。

一緒にがんばりましょう!

高沢光世

税込 12,600円


ダウンロード版・76ページ


※お客様の個人情報は暗号化されますので、安全に送信されます。
※決済は株式会社インフォトップに委託しています。

特定商取引法に基づく表記